>

集中できる環境が必要

綺麗な環境を保つ

デスクの上に文房具や書類が散らかっていると、気になって集中できません、
綺麗に整頓して、デスクの上は余計なものを置かないでください。
よく使う文房具は、ペン立てに入れましょう。
ペン立てだったら場所を取らないので、デスクの上に置いていても作業スペースを大きく確保できます。

それ以外のものは、引き出しにしまいましょう。
使用頻度がひくいものが引き出しの奥や、一番下でも構いません。
取り出して使ったら、元の場所に戻すことが重要です。
その辺に放置したり異なる場所に戻すと、どこに何があるのかわからなくなります。
今度使う時に探さなければいけないので、無駄な時間が発生するでしょう。
余計なことに、時間を使わないでください。

持ち帰った仕事

会社で終わらなかった仕事や締め切りが近づいている時は、仕事を持ち帰って家で済ませるでしょう。
しかし家は他の家族がいて気になったり、話し声がうるさかったりします。
また、ついテレビを見てしまうこともあるでしょう。
家はハッキリ言って集中できる環境ではないので、別の場所を見つけてください。

レンタルスペースは個人でも借りられますし、1人用の部屋だったら安い費用で済ませることができます。
狭くてデスクとイスがあるだけの空間の方が、集中できるでしょう。
取り組む時間は2時間ほどにして、休憩を挟めてください。
休憩なしで仕事を行っていると、最初は良かったかもしれませんが次第に疲れが溜まって、効率が悪くなっていきます。


この記事をシェアする